源寄添経営事務所

事業計画策定支援

埼玉県川越市の中小企業診断士が、ものづくり補助金の申請や各種中小企業施策の認定・採択をサポートします

認定を受けることで税制優遇、
融資の金利低減などにつながる
中小企業向け施策の申請をサポート

事業計画策定支援

事業計画を策定し、国の認定を受けることで、税制優遇や金融支援(低利融資や保証枠の拡大など)といった各種の支援措置を受けることができます。
計画策定には認定支援機関の支援が必要になる場合がございます。
当事務所では、認定支援機関のコンサルタントが計画策定をサポートいたします。

経営革新計画

中小企業が「新たな取り組み(※)」を行う際、都道府県から経営革新計画の認定を受けることで、補助金の審査での加点や金融支援など、様々な支援策を受けられます。

経営革新計画の認定を
受けるメリット

radio_button_checkedものづくり補助金の加点要素

経営革新計画の認定を受ければ、ものづくり補助金の審査で加点要素になります。

radio_button_checked低利融資

日本政策金融公庫から融資を受ける場合、基準金利よりも低金利で融資を受けられるようになります。

radio_button_checked販路開拓にきっかけになる

認定を受けると、都道府県や市町村で事例として紹介されます。
自社の認知度アップになりますので販路開拓のきっかけとして活用いただくこともできます。

経営力向上計画

自社の経営力向上につながる事業計画を策定し認定を受けることでその計画に紐づいた設備投資に対して、税制や金融の支援を受けることができます。

経営力向上計画書の認定を
受けるメリット

radio_button_checked税制支援 (中小企業経営強化税制)

法人税(個人事業主の場合は所得税)について、即時償却または取得価額の10%控除(※7%)が適用されます。
(下図の例を参照)
※資本金3,000万円超え1億円以下の法人の場合には、控除額は取得価額の7%までとなります。

radio_button_checked金融支援

低利融資:日本政策金融公庫から融資を受けるとき、基準利率よりも低い利率(特別利率)で融資を受けることができます。
信用保証別枠:民間の金融機関から融資を受けるとき、信用保証協会の保証枠につき通常枠とは別枠が設定され、借入が円滑になります。

例えば、1,000万円の機会設備を購入した場合、「1,000万円を一括償却して損金に計上する」または「1,000万円の10%(100万円)を法人税から控除」のうちいずれかを選ぶことができます。

先端設備導入計画

先端設備導入計画は、設備投資を通した労働生産性の向上についての事業計画となります。
認定を受けた中小企業・小規模事業者は、固定資産税の軽減など各種の支援措置を受けることができます。
設備の取得前に先端設備計画の認定を受ける必要があります。

先端設備導入計画の認定を
受けるメリット

radio_button_checked 【税制優遇】固定資産税の軽減

新規設備取得に係る固定資産税の課税標準が3年間にわたって軽減されます。

radio_button_checked 【金融支援】信用保証協会による
保証枠の拡大

設備購入のために民間金融機関から融資を受ける場合、信用保証協会による保証のうち別枠の追加保証が受けられます。

事業継続力強化計画

事業継続力強化計画とは、中小企業、小規模事業者の方々が行う防災・減災の事前対策に関する計画を 経済産業大臣が認定する制度。
認定を受けると、税制優遇や補助金の加点など様々な支援策の活用が可能です。
近年では「ものづくり補助金」で加点項目となり、ますますその必要性が高まっています。

事業継続力強化計画の認定を
受けるメリット

radio_button_checkedものづくり補助金の加点要素

事業継続力強化計画の認定を受けることで、ものづくり補助金の審査で加点要素となります。

radio_button_checked税制優遇される

対象の防災・減災設備を取得した場合、取得価格の20%を特別償却できます。

radio_button_checked信用保証枠が拡大、
低利融資を利用できる

事業継続力強化計画の認定を受けた中小企業は、信用保証枠が拡大されます。また、日本政策金融公庫による低利融資を利用できます。